ブログ

【SEOで流入数アップ】効果的なキーワード選定の方法

SEOで流入数アップ。本当に効果的なキーワード選定方法と無料ツール
こんにちは!WEBデザイナーのmeeko(@meeko922)です。

SEOのキーワード選定が大切だとわかっていても、いざSEO対策をしようと実践しても実際にそれが効果的かどうか少し不安に感じてしまうの…

ミーコ
ジョージ
うんうん。僕も同じように本当にこれが正しいのかはじめは不安だったけど、結果が出ていくうちに自信につながったよ!ここでは僕の経験をもとにキーワード選定のコツを教えてあげるね!

こんな方におすすめ

  • キーワード選定しても効果が出ない
  • SEO対策というものに不安が残っている
  • キーワード選定のコツが知りたい
  • とにかく効果的に記事を書きたい
ジョージ

ブログ記事を制作する際には、事前にキーワードを選定しておくことが大切なんだ!

キーワードを調査し、検索ボリュームや読者ニーズをチェックしたうえで競合をリサーチし、適切な記事を制作することで、PV数や読者の満足感に影響するからね!キーワードの選定方法と手順について紹介していくよ!

WEBにおけるキーワードとは

キーワードとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにユーザーが入力する言葉のことです。

たとえば、アップルパイをつくってみたい人がいるとします。

検索エンジンを利用して調べるなら「アップルパイ レシピ」「アップルパイ 作り方」などで検索するのではないでしょうか?

このように、ユーザーのニーズにマッチする記事を作成するために、キーワードを選定しておく必要があるんです。

キーワードの種類について下記の記事にまとめています

こちらもCHECK

賢いキーワード選定で検索上位にしよう!無料で使えるキーワード選定ツール
3つのタイプ別キーワードと無料で使えるSEOキーワードツール4選

続きを見る

どうしてキーワード選定するべきなのか?

SEOの記事は、一般的にキーワード主体で制作します。

記事を書いてからキーワードを入れるのではなく、キーワードを選定してから記事を書くことが鉄則。

キーワード選定をおろそかにしてコンテンツを書き続けたとしても、SEOによる集客は困難といえます。

そもそもの大前提として、SEOに強いコンテンツを作るには、キーワードで検索するユーザーの求める情報、記事を書くことがとても重要なんです!

下記は、キーワード選定が必要な理由です。

SEOの前提になる検索ボリュームを把握できる

キーワードの検索ボリュームとは、検索されている回数です。一般的に、一か月あたりに検索された回数の平均値を指します。

キーワードの検索ボリュームがわかれば、検索上位に表示されればどれくらいの数をPV数を期待できるのかまで見通しを立てることができます。

記事全体の構成(方向性)を決められる

関連語を調べると、「キーワードで検索するユーザーがどのような情報を必要としているか」までわかります。

SEO記事は、「ユーザーが必要としている情報を過不足なく伝えること」が重要と考えられているため、関連語を調べて記事の構成をつくることはとても有効な手段となります。

キーワード選定の方法・手順

キーワードを選定する方法そのものはいたってシンプルですが、奥の深い作業です。

検索1位になったり、潜在顧客にリーチできたりすればコンバージョンに直結することが期待できますが、実は、選定したキーワードが原因で結果に結びつかないこともあります。

それでは次にキーワード選定していく上でのポイントを学んでいきましょう!

キーワード選定の流れ

  • キーワードをピックアップする
  • 関連するキーワードを調べる
  • キーワードの検索ボリュームを調べる
  • キーワードを絞り込む
  • キーワードの競合を調査する
  • キーワードを選定する

単語(キーワード)をピックアップする

キーワード選定は、コアになる言葉探しから始まります。記事を掲載するメディアのジャンルやコンセプトに応じた言葉を可能な限り多く出してみましょう!

あらためて確認しますがSEO記事のキーワードは、「ユーザーが検索するときに検索エンジンに入力する言葉」です。

悩みやわからないことを解決するために調べるための言葉なので、ユーザーがどのように検索するのかを推測することがとても重要なカギです。

それを明確に推測するために、ペルソナ(人物像)を3パターン以上設定して、どのような人にメディアに訪れてほしいかを考え、ペルソナを明確に定めていきましょう!

ペルソナ設定項目例

  • 名前
  • 性別
  • 住まい
  • 出身地
  • 職業
  • 年収
  • 趣味
  • 家族構成
  • 悩み
  • 休みの日の過ごし方
  • 交友関係

まず初めに、上記のような項目を決めてペルソナを設定します。そのうえで、ペルソナに合う言葉を列挙していきます。

コンバージョンから逆算して言葉探しをすることも有効です!

WEB制作会社を例にとると、「WEBサイト制作を検討している人」が最もコンバージョン(CVR)に近いです。そのような人にリーチするためには、「コーポレートサイト 料金」、「WEBサイト 制作会社」などのキーワードが有効です。そのように、売りたい商品から逆算して言葉探しをすることも有効です。

関連するキーワードを調べる

コアになる言葉を列挙したら、下記のようなツールを利用して関連語を調べます。

ラッコキーワード

他にも下記に無料で使えるキーワード選定ツールつをまとめています。

こちらもCHECK

賢いキーワード選定で検索上位にしよう!無料で使えるキーワード選定ツール
3つのタイプ別キーワードと無料で使えるSEOキーワードツール4選

続きを見る

上記のツールにコアになる言葉を入力すると、関連語を抽出できます。「○○ △△」と検索する際の、△△の言葉を調べられます。キーワードにもよりますが、数百個単位の関連語を抽出できることもあります。

1万個以上の関連語の中からキーワードを決定することも当たり前のようになります。記事制作の過程の中で手のかかる作業の一つですが、キーワード選定の核になります。はじめは大変かもしれませんが手を抜かずに根気よく隅々まで調べましょう!

キーワードの検索ボリュームを調べる

関連語をすべて抽出したら、Google広告のキーワードプランナーなどのツールを利用し、検索ボリューム(月間検索数)を調べます。大量の関連語の検索ボリュームを調べる必要があるので、一括でデータを抽出できるツールを利用するのがおすすめです。

キーワードプランナーはキーワードの月間平均検索ボリュームと競合性を知るために使えるんです。

googleキーワードプランナー

キーワードをしぼりこむ

検索ボリュームがわかったら、キーワードをしぼりこむ作業に入ります。数万個単位のキーワードのデータを、順に一つずつ確認していく作業です。

キーワードは一気に絞り込まずに、段階的にピックアップするのがよいでしょう。

二度手間、三度手間にはなりますが、段階的に絞り込むことでキーワードを優先順位別にリスト化でき、記事が増えてきたあとに優先順位の低いものにも目を向けられます。

まずは少しでもメディアとの関連性のあるキーワードをピックアップします。

次に、より関連性の高いキーワード、コンバージョンに近いキーワードなどを段階的に抽出していきます。

キーワードの競合を調査する

優先順位の高いキーワードを抽出したら、競合を調査します。有料のツールを使用するか、一つずつ検索エンジンで調べるかの二つの方法があります。検索して上位表示されている記事を細かくチェックするために、一つずつ確認していきましょう!

以下で、チェックすべきポイントを紹介します。

競合サイトの運営元

キーワードによっては、官公庁などの公的機関のコンテンツが上位を独占している場合があります。さらに上位に表示される記事を作成することは簡単ではありません。情報の信頼性は、運営元が影響します。公的機関は最も信頼性の高い運営元の一つと言えるので、記事を上位表示する難易度が高いです。そのような場合には、キーワードの優先順位を下げることをお勧めします。具体的には…

大手企業や有名サイトはあるのか?

誰もが知っている企業のWebサイトがあった場合、「このWebサイトよりも上位を狙えるのか、もしくは1位を目指せるのか」などを考えながらそのサイトを見るようにしましょう。

ただし、「楽天」や「Amazon」などは、基本どんなキーワードで検索してもある程度上位に入ってくる可能性があります。お客様が「楽天市場」や「Amazon」を避けて、それ以外のWebサイトを選択する可能性もあります。

専門サイトはあるのか?

専門サイトとは、「アロマオイル専門店」のように「アロマオイル 種類」などのキーワードから上位表示をメインに狙っているようなWebサイトのことです。専門サイトは、総合サイトに比べてその分野で特化しているためSEO的に有利な側面があります。専門サイトが上位を占めている状態の場合「このキーワードでの上位表示は難しいかも」という予測と判断ができます。

このような点に着目しながら競合サイトリサーチしてみましょう!

コラム記事の本数

中にはコラム記事が検索上位に表示されないキーワードもあります。通販サイトの商品ページ、グルメサイトのレシピなどが表示され、コラム記事が上位に一つもないという状態です。検索結果がそのような場合には、コラム記事を作成して上位表示を狙うのは難しいかもしれません。検索エンジンはアルゴリズムで「ユーザーが必要としている情報」をピックアップしているため、コラム記事が必要とされているキーワードを優先的に選択するのが良いでしょう。

上位記事の文字数・質の高さ

検索エンジンに上位表示されている記事にアクセスし、文字数、記事の内容の質(情報・構成・画像やイラストなど)を確認します。SEO記事を作成する場合、上位に表示されている記事よりも質・量で上回ることがポイントです。すでに上位表示されている記事のレベルが高い場合には、効率を重視して回避することも一つの手段といえます。

キーワードを選定する

検索エンジンの結果、競合の強さなどを分析し、優先度の高いキーワードを選定します。

さらに、コンバージョンを意識する場合には、優先度の高いものから早く作成したほうが効率的です。キーワードを選定する場合、半年から一年程度のスケジュールを確定させます。一か月に何本アップするのかを決めて、それに合う数のキーワードを選定しましょう。そのうえで、優先順位の高いキーワードから記事を作成するのがよいでしょう!

効果的なキーワード選定のまとめ

検索キーワードは無数にあります。その中から重要度の高いキーワードをピックアップするのは簡単ではありませんが、だからこそ注力し、良い結果を期待できるものを見つけ出せれば、ライバルに勝てるかもしれません。

ジョージ
SEOは、根気よく作業を続け、忍耐強く進めていくことが重要!キーワード選定から記事作成、公開後の分析などを根気よく続けていこう!




-ブログ
-,

© 2020 meeko design